会社概要

沿革

TEAM IMPUL レース戦績

星野一義 レース経歴

【 星野一義 レース経歴 】

1947年

■7月1日静岡県静岡市生まれ

1963年

■神奈川県海老名市のカワサキ・コンバットという2輪のレーシングチームに入る

1964年

■2輪モトクロス・レースを開始。和歌山でのデビュー戦は、転倒・脳震盪で入院

1965年

■4/17〜18日、第12回全日本モトクロス大会ノービス90ccクラスで初優勝、年間4勝
■MCFAJランキング/ノービス90ccチャンピオン

1966年

■モトクロスで年間5勝を挙げる

1967年

■MFJ全日本モトクロスランキング/ジュニア90cc、同125cc両クラスで2位

1968年

■カワサキ(神戸・木の実レーシング)の契約ライダーとなる
■MFJ全日本モトクロスランキング/セニア90cc、同125cc両クラスでチャンピオン
■セニアクラス最優秀選手としてヨーロッパへ派遣

1969年

■日産自動車の契約ドライバー採用テストに合格
■11月にスカイラインGT-Rを駆って4輪レースデビュー
(富士スピードフェスティバルで4位)

1970年

■筑波サーキットのオープニングレースにて4輪レース初優勝(スカイラインGT-R)

1971年

■富士ツーリングチャンピオンA部門6位

1972年

■4月の『レース・ド・ニッポン』でチェリークーペで総合2位=クラス優勝(with 歳森康師)
■『富士1,000km』ではサニー1200クーペで総合5位=クラス優勝(with 寺西孝利)

1973年

■富士GCマイナーツーリングシリーズ3位

1974年

■5月、FJ1300(マーチ733・ニッサン)のデビュー戦で優勝、注目を集める
■11月の『JAF鈴鹿GP』で国内トップフォーミュラ(F2000)デビュー3位入賞

1975年

■シーズン半ば以降、全日本F2000選手権/富士GCシリーズにレギュラー参戦
■全日本F2000チャンピオン
■富士GCで最高2位

1976年

■日本初開催となる『F1選手権イン・ジャパン』(富士)に旧型ティレル007・フォードで
 F1スポット参戦。大雨の中、一時3位を走る
■名門ヒーローズ・レーシングに加入
■全日本FJ1300チャンピオン(マーチ733・ニッサン)

1977年

■全日本F2000チャンピオン
■鈴鹿F2シリーズ2位
■2度目となるF1日本GPにはコジマKE009・フォードで参戦し決勝11位

1978年

■全日本F2シリーズ2位
■4輪初の海外遠征となるヨーロッパF2選手権2戦(仏ルーアン、英ドニントン)に
 日本製ノバ532・BMWでスポット参戦

1979年

■全日本F2選手権2位
■鈴鹿F2チャンピオン
■富士GCシリーズ5位
■『マカオGP』初参戦も予選でクラッシュし決勝欠場

1980年

■全日本F2選手権2位
■鈴鹿F2シリーズ3位

1981年

■全日本FP(フォーミュラパシフィック)チャンピオン(マーチ79B・ニッサン)
■全日本F2選手権2位
■鈴鹿F2シリーズ2位
■富士GCシリーズ4位
■オーストラリアのツーリングカーレース『バサースト1000』初参戦

1982年

■富士GCチャンピオン
■全日本FPチャンピオン(ラルトRT4・ニッサン)
■全日本F2選手権2位
■鈴鹿F2シリーズ2位
■豪『パサースト1000』でブルーバードターボを駆りクラス優勝(総合8位)
■『マカオGP』予選2位決勝リタイア

1983年

■ヒーローズ・レーシングを離れ、自らのホシノレーシングから参戦
■全日本F2選手権2位
■鈴鹿F2チャンピオン
■富士GCチャンピオンシリーズ2位
■英国ドニントンF2にスポット参戦し4位
■富士スーパーシルエットシリーズ2位(シルビアターボ)

1984年

■富士GCチャンピオン
■全日本F2選手権3位
■鈴鹿F2シリーズ2位

1985年

■グループC/スポーツカーによる大雨の『WEC IN JAPAN』(富士)でマーチ85G・ニッサンを駆り優勝、世界選手権戦を制した最初の日本人となる(with 萩原光/松本恵二)
■富士GCチャンピオン

1986年

■全日本F2選手権2位
■鈴鹿F2チャンピオン
■富士GCシリーズ4位  
■ル・マン24時間にマーチ86G・ニッサンで初挑戦しリタイア(with 松本恵二/鈴木亜久里)
■JSPC(全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権)にマーチ86G・ニッサンで参戦

1987年

■日本F3000チャンピオン
■富士GCチャンピオン
■JSPCにマーチ87G・ニッサンでフル参戦
■ホンダF1ターボ・エンジンの国内での開発ドライバーを担当

1988年

■全日本F3000選手権2位
■GCシリーズ3位

1989年

■全日本F3000選手権3位
■全日本GCシリーズ5位
■全日本ツーリングカー選手権ではスカイラインGTS-Rで1勝(with 北野元)

1990年

■全日本F3000チャンピオン
■全日本ツーリングカー選手権チャンピオン(スカイラインGT-R、with 鈴木利男)
■JSPC3位
(ニッサンR90CP)
■ル・マン24時間ではニッサンR90CPで予選3位・決勝5位(with 長谷見昌弘/鈴木利男)

1991年

■JSPCチャンピオン(ニッサンR91CP、w/鈴木利男)
■全日本ツーリングカー選手権3位(スカイラインGT-R、with 鈴木利男)

1992年

■JSPC-C1チャンピオン(ニッサンR92CP、w/鈴木利男
■デイトナ24時間ではニッサンR91CPを駆り、日本車として初の総合優勝を果たす
 (with 長谷見昌弘/鈴木利男)

1993年

■全日本F3000チャンピオン
■全日本ツーリングカー選手権2位(スカイラインGT-R、with 影山正彦)

1994年

■全日本F3000選手権8位
■新生JTCC・全日本ツーリングカー選手権 8位(プリメーラ)

1995年

■全日本F3000選手権4位
■JTCC3位(プリメーラ)

1996年

■全日本フォーミュラ・ニッポン3位
■JGTC・全日本GT選手権 4位(スカイラインGT-R、with 影山正彦)
■ル・マン24時間ではニスモGT-R LMを駆り15位完走(with 長谷見昌弘/鈴木利男)

1997年

■春、国内トップフォーミュラからの引退を電撃表明
 通算成績は166戦中39勝・42回のポールポジションを獲得
■ル・マン24時間にニッサンR390で参戦し12位完走(with エリック・コマス/影山正彦)
■JGTCにスカイラインGT-Rで参戦(with 本山 哲)

1998年

■ル・マン24時間にニッサンR390で参戦し日本人トリオ初の表彰台・総合3位(with 鈴木亜久里/影山正彦)
■JGTC5位
(スカイラインGT-R、with 黒澤琢弥)

1999年

■JGTC6位(スカイラインGT-R、with 影山正美)

2000年

■JGTC3位(スカイラインGT-R、with 本山 哲)
■最終戦MINEの優勝が最後の優勝となる

2001年

■JGTC13位(スカイラインGT-R、with 本山 哲)

2002年

■JGTCに参戦(スカイラインGT-R、with 田中哲也)
■8月28日をもって現役ドライバー引退を表明